取得するのは難しい?建設機械の運転免許の取得方法

建設機械の免許取得を考えるサイト

建設機械の免許の難易度は?

まず、建設機械について知らない人も一緒に考えていきましょう。
建設機械とは土木や建設の現場などで使用される機械のことです。
建機、または重機とも呼ばれています。
私たちが建設機械と聞いてまず思い浮かべるのは、油圧ショベル(ショベルカー)や、ラフテレーンクレーン(クレーン車)、ブルドーザーなどで工事現場や建設現場の前を通るとよく見かけるものではないでしょうか。
そんな建設機械は特殊な作業を行うものであり、なおかつ危険を伴うため、専門の資格が必要になります。
免許や資格がない人が操作や運転をしてしまうと、事業主は6か月以下の懲役または50万円以下の罰金、作業者は50万円以下の罰金となります。
また、普通運転免許の場合と同じく、免許や資格は携帯していないと罰せられることがあるので必ず現場のお仕事で建設機械を操作や運転する場合は携帯を忘れないようにしなくてはなりません。
建設機械の免許、資格は種類によって様々で、それに応じて講習等を受ける必要があります。
車両系建設機械運転技能講習を例にとっても、整地・運搬・積込み用及び掘削用、解体用、基礎工事用と資格が異なります。
よって、それぞれの目的によって講習を受ける必要があります。
そして、車両系建設機械運転技能の資格があっても、大型免許や大型特殊免許がないと公道での運転はできないので公道での運転が必要な場合は大型免許や大型特殊免許も取得する必要があるので注意が必要です。



TOPへ戻る