建設機械の免許取得を考えるサイト

>

知識や経験がない人でも

教習所を利用する

車両用建設機械運転技能講習は建設機械を扱っている教習所で取得が可能です。
なかでもいち早く資格を取得したい人の場合は、合宿を実施している教習所を利用するのもいいかもしれません。
とある教習所を例にとると、6日間で車両系建設機械(整地運搬積込用・掘削用)の資格が取得可能です。
特に経験等ない場合、受講料は93000円(テキスト代などは別途必要)、3食付きで宿泊費は受講料とは別に、部屋により異なりますが1泊2000円~4000円前後とのことです。
6日間で機体重量3t以上(無制限)の整地・運搬・積込み用機械及び掘削用機械を運転する資格が取得できるのでいち早く資格を取得して現場で役立てることができます。
合宿で取得できるので資格取得に集中できるのが魅力です。
それぞれ取得したい資格を教習所の合宿で取得できるか検索してみるといいでしょう。






職業訓練校でも取得できる

これは、現在求職中の方や、これから土木や建設業界への転職を考えている人向けの手段ではありますが、職業訓練校を利用することです。
公共職業訓練では建設機械を運転する科の場合、約3~4か月(訓練校や科によって期間や内容は異なる)で現場において活躍できるよう、知識や技能を基礎から習得することが可能です。
技能講習では車両用建設機械(解体用・整地・運搬・積込み用及び掘削用)、フォークリフト、不整地運搬車等が取得できます。
また、特別教育等ではローラー運転業務、巻上機運転業務など様々なものが取得できます。
公共職業訓練の魅力は受講料が無料なこと、失業手当を受け取りながら通うことができる点です。(テキスト代や作業着など諸経費は別途必要)
じっくりと集中して基礎から学べるのはとても安心ですね。
気になる方は今住んでいる場所の管轄のハローワークに相談してみるのがおすすめです。




TOPへ戻る